在宅医療のメリットにはどのようなものがあるか

在宅医療とは何かというと、理学療法士・看護師・医師の方が、自宅・老人福祉施設など患者の住んでいるところへ行ってこなしていく医療活動のことになります。
在宅イリョウ・往診の異なる部分には、果たしてどんなものがあるのか知っているでしょうか。
往診についてですが、患者の意見により住んでいるところへ、医師が時期をこれといって決めずに出向いて診察・治療をしていくことを言います。
在宅イリョウについてですが、計画通りに時期をきちんと決めて患者のところへ行き、治療・経過観察をしていく行為を言います。
在宅イリョウには、看護師が訪れてケアをやっていく訪問看護と、理学療法士・作業療法士がやっていく訪問リハビリテーションが含まれます。
患者にとって、在宅イリョウの一番のメリットには何があるかというと、慣れ親しんだところで療養が行えるという点です。
入院治療については、知らない人と生活を共にしていかなければいけません。
よって、患者が求める生活が上手くできなくなることもあります。
ですが、自宅といったところで療養を行えることにより、自分にフィットした生活を送ることが可能となります。