地域医療連携の良い点には何があるか

今日本においては、大きな病院へ行くことが望ましいとされており、軽い怪我や風といったものでも大きな病院へ行く方が増えています。
このままですと、大きな病院の混雑がより進んでいき、病院に通うための待ち時間や費用といったものがかかるわりには診察に満足できないこともあるでしょう。
そして、重い症状の患者がスピーディーな治療を受けることができなくなるようなことも起きてくるでしょう。
これを防ぎ、患者の症状に適した治療を受けられるように、厚生労働省は地域医療支援病院を軸とした、医療機関のネットワークによる病診連携システムといったものを進めています。
病診連携システムの良い点には何があるかというと、症状が重かったり、治療に新たな医療技術や医療機器を要するケースにおいても、病診連携システムで登録された診療所や医院ですと、医師と結びついてスピーディーな共同治療を受けることができたり、救命救急センターを利用するにあたっても優先して受け入れられます。